ウエストのくびれの作り方※噂のバンザイ体操

ウエストのくびれは、引き締まったお尻とともに
若さのシンボルとも言えるものです。

あなたが好きなモデルさんのボディラインを
思い浮かべてください。あの肉感的なバストや
ヒップを際立たせている要因は、キュッとくびれた
ウエストにほかなりません。

もしもモデルさんのウエストがタプタプで
締りがなかったら、彼女もただの太った女性に
過ぎなかったかもしれないのです。

ウエストはただ細ければ良い、というものではありません。

バストやヒップとのバランスが大事です。きれいに
アップしたバスト、引き締まった丸いヒップ
そこに細くくびれたウエストがあるからこそ
女性らしい美しい流線型のボディラインが形成されるのです。

くびれがウエストが女性にとって永遠のあこがれで
あるのは、頷けることではないでしょうか。

ウエストのくびれと深い関係にあるのが、外腹斜筋という筋肉です。
これは体の両ワキの一番外側にあり、みぞおちの少し
下の肋骨から骨盤に向かってついているV字型の筋肉です。

外腹斜筋はカラダをひねったり、横にしたりする時に
使われるほか、腹筋と背筋のバランスをとって
背骨を正しい位置に保つ役割も果たします。

この筋肉が弱ると、わき腹が重力に抵抗できなくなり
ブヨブヨにだぶつき、脂肪がついてきます。

普通の生活を送っていれば外腹斜筋はそれほど衰える
事はありませんが、悪い姿勢が続いたり、運動不足が
重なったりすると、弱くなってきます。

ウエストの締りがなく寸銅体型でおしりとの境目が
なくなっている人は、この外腹斜筋が衰えている可能性が大きいです。

ウエストのくびれの作り方※バンザイ体操

これはある有名な整体の先生が提唱しているウエストの
くびれを作る体操です。

1.足を肩幅に開いて立ち、かかとをしっかり床につけた
状態で、息を吸いながら両手を上げていく。

2.両手が上までいったら、一旦止め、息を吐きながら
肘を伸ばしてさらに両手を上げ、バンザイの格好にする。
この時、かかとは伸ばさず床につけたままです。

3.再び息を吸いながら両手をおろし呼吸を整える。

4.以上を1回につき5セット、1日3回のペースで行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>