お尻は健康のバロメーター!90歳のおばあちゃんの話

お尻を鍛えると見た目だけでなく、
健康にもさまざまな好影響が出てきます。

わたしの知り合いに90歳のおばあちゃんがいますが
お尻が大きくとても元気な方です。

そのおばあちゃんは水泳もすれば、小走りでお買い物
にも出かけます。何歳になってもお尻がしっかりしている
と素敵な人生を送れるという良い見本ではないでしょうか。

お尻は健康の要ともいえるのです。

お尻の筋肉が支えているのは骨盤です。
骨盤は女性にとってとりわけ重要な臓器です。

理由はその中に子宮や卵巣といった、生殖を担う臓器が
収められているからですが、骨盤がゆがんで下腹部が
圧迫されると、これらの臓器も影響を受けて
機能が低下していきます。

また、骨盤がゆがむと骨盤内の血流が悪くなり
冷え性や生理痛、生理不順、月経前症候群などの
原因にもなります。

また骨盤がゆがんでくると、腰や背中を支えられなくなって
腰痛を引き起こすばかりか背中の痛みや肩、首のコリまで招く
事になります。

さらに、お尻には坐骨神経という大切な神経も
通っていて、普段は筋肉で保護されていますが、
お尻の筋肉が弱ると坐骨神経痛を引き起こすこともあります。

お尻は健康のバロメーターです。健康な人のお尻は
空気がいっぱい詰まったゴムまりのように弾力があります。

押すと強い力で跳ね返し、ボールのように弾むような
元気があります。反対に体調の悪い人のお尻は
空気が抜けたゴムまりの様です。

ショボンとしぼんでハリも弾力もありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>